PAGE TOP

アンチエイジングをやってみる!

TOPPAGE > 朝は時間が限られているので、スキンケアに時

朝は時間が限られているので、スキンケアに時

朝は時間が限られているので、スキンケアに時間をたくさん取れない人も少数ではないと思います。



朝における一分はまあまあ大事ですよね。でも、朝に行う肌手入れを手抜きをしてしまうと、一日健やかな肌を保てなくなります。一日を楽しいものにするためにも、お肌の手入れは朝行うのが最適です。
年齢は自覚していたけれど、お肌を見たときにシミができていると心が沈みますね。

一口にシミと言っても、その形やできた場所によって、多数の種類があるため、薬局で、適した薬を探したり、クリニックへ行くという対策もあります。

ただし、薬では完治できないシミもありますので、頑固なシミでお悩みの場合は、全く趣向を変えて、レーザー照射という解決方法も一案として、頭に入れるといいと思います。



乾燥しがちな肌なので、肌の保湿のために化粧水はこだわりを持って使っています。とろみのついた化粧水を使用してスキンケアをしているので、顔を洗った後、これだけでも過ごせてしまえるほど潤って、まあまあ気に入っております。


化粧水はちまちまとケチらず贅沢につけるのがコツではないかと思います。ここ二年くらい、アンチエイジングについて考えることが増えてきました。



長く下を向いていたあとに目の周りや口の周りにできるシワがあり、気にするなというほうが無理な感じになってきたのです。
スキンケアだって以前から時間をかけています。


それに特に冬には白く粉を吹くほど乾燥するところなので、専用ジェルやクリームを使って長時間しっかり効く保湿を心がけています。

でも、こうお肌の状態が良くないとスキンケアを見なお沿うかなと思っています。



近年では、美容家電を多くの人々が使用していて家で簡単にエステ並みのスキンケアができるのがとても嬉しいことです。


アンチエイジングができる家電に今目がありません。



年齢の若いうちからコツコツとエイジングケアを施していると、数年後のお肌にちがいが表れるかも知れないと思うので、努力しています。


ぽこっとしたオナカが気になったので、友達に勧められてファスティングに、ついにチャレンジしてみました。


その結果、サイズダウンに成功しました。
そんなに急なダイエットではないし、睡眠時間や栄養もしっかり確保していたのにもか代わらず、なんとなくお肌に目たつ皺ができてしまいました。


けして、しぼむほど減量してはしていないんですけど。




どこが悪かったとかは思い浮かびませんが、とりあえずダイエットはやめて、スキンケアを念入りに行っていこうと思います。吹き出物がでてしまうと良くなってもニキビ跡が残ることがわりとあります。

気になってしまうニキビ跡を除去するには、赤くなっているニキビ跡にはビタミンCを配合した美容液や化粧水を使って、色素が既に沈着のニキビの跡にはピーリング(フルーツ酸などで老化した古い角質を剥がして、皮膚の再生や肌質の改善を目指します)ジェルが効果があります。秋冬になって肌の乾きが酷いため、エイジングケアの化粧水に置き換えました。


やはり年齢肌に着目した商品ですし、価格も高いだけあって効きめを実感します。



化粧水でも肌がもっちりとしめるので、その後の乳液なども、厚みを少なくのばすだけでいい感じです。

次の日の肌にハリが表れて、ファンデも美しくついて大満足なので、これからも使用します。
健康的で充分な水分を含んだ肌のキメは、細かくて美しいものです。この「キメ」とは、肌の表面上を網羅する細い線である皮溝と、皮溝に囲まれた小さい部分である皮丘が織り成す模様のことです。
よくいう「キメが整った肌」は皮丘には充分な水分がふくまれ、それぞれの大きさがきれいに揃っています。でも、身体の表面を覆う表皮が乾燥し、荒れると、キメの模様は形を保っていることができず、崩れていきます。表皮が荒れたままだと、バリアとしての働きは弱まっていきますので、表皮が覆う真皮もそのうち傷つくことになります。

真皮がダメージをうけてしまうと、真皮の働きは肌を支える土台ですから、土台が損傷をうけることで肌は支えを失い、表面にはシワができます。肌にシワができる原因は、細かく挙げれば多彩なのです。



しかしながら、最も大きな原因とされているのが乾燥なのです。


水分不足で、肌が乾燥してしまうことで、これがシワの発生に繋がるのです。目尻は皮脂の分泌が少ない部分です。


そのためここは他よりも乾燥に影響されやすいパーツであり、他より早く、小ジワの出現が見られる部位です。さらに、加齢によって皮膚の張りを保つコラーゲン、ヒアルロン酸といった皮膚の構成成分が減って行く事になり、これもシワ、そしてたるみが起こる大きな原因です。
Copyright (C) 2014 アンチエイジングをやってみる! All Rights Reserved.